気になる健康商品の情報を紹介していきます。

商品どんなのあるの?

【甘いもの食べてもいい!?】糖質制限ダイエットに失敗した人向け・糖質スリム

更新日:

糖質制限と聞くと、糖質を全然摂らないダイエットなので、大変そうなイメージなのではないのでしょうか?

 

確かに、糖質って案外どんな食品でも入っていて、しかも、1番辛い事で、甘いものが食べられないという事ではないのでしょうか?

 

知ってる人もいるでしょうが、そんな糖質制限ダイエットの事を調べてみました。

 

[fukidashi-red]【甘いもの食べてもいい!?】糖質制限ダイエットとは?【糖質スリム】[/fukidashi-red]

糖質制限という名前に出ている糖質というのを知らないといけません。

糖質の最小単位は「単糖」といい、主要なものとしては、ぶどう糖や果糖があります

単糖が2個つながったのが「二糖」で、砂糖(ショ糖)、乳糖、麦芽糖などがよく知られています。

単糖と二糖をまとめて「糖類」と呼ぶこともあります。

糖質にはたくさんの種類があるんです|糖質ってなに? - 知る|糖質.jpより引用

この上のことをまとめて糖質や糖類と呼びます。

これらの物が入ってる物を食べないようにすることを、糖質制限と言います。

 

でもこれも見ると、甘いものをイメージすると思いますが、

甘く感じない糖質もあります。それは小麦などの穀類や、いも類に多い「でんぷん」です。

(中略)

普段の食事では「甘いもの」と「でんぷん」が主な糖質源になっている、ということです。なお、「糖質」と同じような意味合いで「炭水化物」という言葉が使われる場合がありますが、実はこれ、正確ではありません。

(中略)

炭水化物には、消化・吸収されずに腸まで届く「食物繊維」も含まれます。炭水化物のうち、食物繊維を除いたもの糖質です。

糖は「甘いもの」だけじゃない|糖質ってなに? - 知る|糖質.jpより引用

甘いもの=糖質ではないので、糖質制限ダイエットは食べる物を選別するのも大変というわけです。

 

[fukidashi-red]【甘いもの食べてもいい!?】糖質制限ダイエットのいい点【糖質スリム】[/fukidashi-red]

現代は、細い=キレイという風潮があるので、太ってる=悪のようなイメージが頭に刷り込まれていて、

ダイエットしてないと、不摂生に思わると感じている人を多く見てきました。

 

なので太ることで、罪悪感を感じて、過激なダイエットに走ったりするわけです。

 

そう思うと、糖質制限ダイエットは、全然食べないわけではなく、糖質以外は食べてもいいので、気軽と言えば気軽ですよね。

1. 昼食後に眠くならない、車の運転で眠くならない

2. 睡眠時間が少なくても平気になった

3. 冷え性が改善した

4. 低血糖症(たぶん)の症状が出なくなった

5. 二日酔いになりにくくなった

【糖質制限】ダイエット効果だけじゃない! 実践してわかった“スゴいメリット”5 - mimot.(ミモット)より引用

 

[fukidashi-red]【甘いもの食べてもいい!?】糖質制限ダイエットの欠点【糖質スリム】[/fukidashi-red]

糖質を制限して、それ以外の食べ物を食べて、生活していかないといけないわけです。

 

3大栄養素という体に必要で大切な栄養が、炭水化物・たんぱく質・脂質です。

人間の身体になくてはならない栄養素のうち、特に重要なものと位置づけられている「炭水化物・たんぱく質・脂質」を『三大栄養素』と呼んでいます。

三大栄養素に比べ身体に必要とされる量が少ないという違いがありますが、「ビタミン・ミネラル」のふたつを加えたものを『五大栄養素』と呼びます。
また第六の栄養素として「食物繊維」や「」を加える考え方もあります。

三大(五大・六大)栄養素 | e-ヘルスネット 情報提供より引用

炭水化物が糖質なわけですから、これ以外の物を食べないといけないわけです。

 

ご飯やパンも炭水化物ですが、メインの食べ物を抜くわけですから、メインの物を見つけないといけません。

3大栄養素は体に必要な食べ物ですから、この中でたんぱく質がメインになりえる食べ物です。

 

このたんぱく質が欠点になる事があります。

 

[ribbon-blue]肝臓が悪い人は向かない[/ribbon-blue]

炭水化物や脂質は余ったら脂肪として蓄えられるのに対して、タンパク質は、唯一脂肪として蓄えられない栄養素です。

では体の栄養源となり使われて、余った分はどうなるのか?というと、余りはすべて肝臓で処理されます。

(中略)

アルコールなどもここ肝臓で処理するため、忙しいのです。

なので、もともと肝臓が悪いかたはこのダイエット方法は向かないでしょう。アルコールを毎日大量に取られる方も、野菜などが多い食事にすると良いと思います。

糖質制限ダイエットバイブルより引用

たんぱく質は肝臓に負担をかけることになるので、肝臓が悪い人はそもそも糖質制限ダイエットをしたら、

体調を崩す原因になりえますので、控えたほうがいいでしょう。

 

[ribbon-blue]ストレスがかかりやすい[/ribbon-blue]

ただ甘いものを摂れないだけでストレスになりそうですが、じつは、体の中でもストレスになっているわけです。

糖質の中のブドウ糖は脳に必要な栄養です。それを抜くわけですから、体中にある糖質を集めて、

脳にその糖質をあつめるわけですから、体にもストレスがかかるわけです。

 

精神的にもストレスだし、体内でもストレスがかかるわけです。

 

[ribbon-blue]リバウンドしやすい[/ribbon-blue]

糖質制限ダイエットリバウンドしてしまう原因は、ドカ食いしてしまうことと、実は糖質を摂りすぎてしまっていることの2つです。自分が糖質を摂り過ぎているかどうかは後ほどお伝えしますので、まずは2つの原因を具体的にお話しします。

 

・ドカ食いしてしまう

糖質を制限すると、どうしても以前の食事よりも少ない栄養しか摂れません。するとカラダは少ない栄養で動けるよう、省エネモードになります。これは栄養の吸収が激しい状態なので、ちょっと糖質を摂っただけでも血糖値が上昇します。そんな時にドカ食いをしたら一気に血糖値が急上昇し、あふれた糖が脂肪に変わってしまいます。

実は糖質を摂りすぎてしまっている

自分は糖質制限をしていると思っていても、実は糖質を摂ってしまっている場合があります。その場合、糖質の摂り過ぎでリバウンドしてしまうことがあります。

糖質制限ダイエットでリバウンドする原因と対処法/防止法より引用

これが1番意味がないですよね。

 

[fukidashi-red]【甘いもの食べてもいい!?】糖質制限ダイエットの欠点をカバー【糖質スリム】[/fukidashi-red]

こんな欠点があるうえで、糖質制限ダイエットをする人は、気をつけながらしましょう。

でも、そんな自信がない人は、【糖質スリム】をおすすめします。

 

セカンドミール効果というのを取り入れたスムージーで、これを飲んで1日を過ごすと、糖質を気にせず生活できるという物です。

※もちろん糖質制限のサポートという位置づけのものなので、いっぱい食べていいわけではありません。

 

なので、糖質制限が難しくて続けられないという人は、この商品を使って、だいえっとされるといいでしょう。

 

詳しくは公式ぺーぞへどうぞ!!

[button-red url="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TGG8U+ESV0QQ+3RZK+614CX"]詳細はコチラ[/button-red]

-糖質スリム
-, ,

Copyright© 商品どんなのあるの? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.