気になる健康商品の情報を紹介していきます。

商品どんなのあるの?

更年期障害でイライラする人は自律神経の乱れも関係しているかも!?

投稿日:

ある年齢が来ると、更年期障害で悩む事も多いでしょう。

今の時代は、ストレス社会で、女性も男性も更年期障害が出ていると思います。

しかも、ある年齢と書きましたが、若くして、更年期障害の症状がでている人も多くいるらしいです。

 

特にですが、

 

・若くして更年期障害になる方

・男性で更年期障害になる方

・更年期障害の症状がひどい方

こんな方は、自律神経が乱れている可能性があります。

 

【更年期障害のイライラだって治る!?】自律神経とは?

まず、自律神経は何かを知らないと、いけませんね。

そして「自律神経」とは、自分の意思とは関係なく働く神経の総称です。

  • 心臓や内臓を動かす
  • 血圧や体温の調節
  • 食べ物の消化
  • 血管・瞳孔・汗腺の機能の調整など

このように生命を維持するのに重要な体の機能をコントロールしているのが自律神経です。
この「自律神経」はさらに「交感神経」と「副交感神経」の2つに分けることができます。

自律神経失調症.net大辞典/自律神経とはより引用

自律神経とは、脳にあるのですが、自分の意志とは関係なく、自分が1番快適な生活ができるように働いてくれる神経です。

交感神経、副交感神経の事を、1番知ってほしいキーワードです。

交感神経とは?

交感神経は、簡単に言うと、仕事モードの神経です。

・緊張している時

・何かを集中している時

・ストレスを感じている時

お昼に活動している時と思えばわかりやすいですね。

仕事モードと言ったのは、仕事中は失敗しないように集中しているわけですから、

集中している部位に血液を使うため、

使っている部位以外の所には、血が行きません。

だから、集中して作業ができるわけです。なので、交感神経は一点集中の神経です。

副交感神経とは?

副交感神経は、簡単に言うと、休みモードの神経です。

・家で休んでいる時

・寝ている時

・お風呂に入っている時

夜に家に帰って、リラックスしている時ですね。

さっきの交感神経と逆で、頭が働かずにボーっとしている状態です。

集中していないわけですから、どこも部位を集中して使われないので、

血の巡りが良くなって、体は温かくなります。

それで、体がポカポカして、究極のリラックス状態である睡眠に入るわけです。

バランスが大切

何事もそうですが、自律神経も交感神経と副交感神経もバランスが大切です。

夜眠る時は、副交感神経が働く。

昼活動する時は、交感神経が働く。

この流れを見ていると、交感神経が悪のように見えますが、活動するときは交感神経が必要です。

ずっと副交感神経が働いていると、ボーとして、集中できないわけです。

 

【更年期障害のイライラだって治る!?】自律神経と更年期障害とどう関係があるの?

更年期障害はホルモンバランスが崩れる事で、出てくる症状です。

更年期障害とは

ホルモンバランスの乱れが原因の身体的・精神的不調のことであり、自律神経失調症の一つです。

更年期を迎える時期になると、卵巣の機能が衰え、その結果、卵巣から分泌されている女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少します。

更年期障害の症状・原因・チェック|40代・50代女性の更年期症状より引用

もう書いちゃってますが、自律神経失調症(乱れ)が原因です。

 

女性ホルモンが関係するわけですから、上にも書いていますが、

重要な体の機能をコントロールしているのが自律神経なわけです。

 

自律神経が乱れているという事は、自律神経は脳にあるわけですから、指令を出すところです。

 

なので、司令塔である自律神経が乱れると、女性ホルモンの量も変になってしまうわけです。

 

【更年期障害のイライラだって治る!?】自律神経の乱れを治すには?

上を見てもらえれば、自律神経の仕組みを知ってもらえたと思います。

自律神経の乱れを治すには、何パターンか出てきます。

・血の巡りを良くする。

・生活習慣を見直す

・リラックスできるような環境づくり

この中でも色々方法があります。

血の巡りを良くする

交感神経は血の巡りを悪くするわけですから、物理的に血の巡りを良くすることで、体がリラックスモードにするようにします。

色々な方法がありますが、

・お風呂に入る(熱すぎない)

お風呂は熱いお湯が好きという方がいると思いますが、

熱いお風呂は、体温が急激に上がることから、自律神経が体温を下げさせようとします。

なので、体がそこに集中するので、逆に副交感神経が働きません。

血の巡りは良くなりますが、リラックスできないという事です。

なので、ぬるめの温度にしましょう。(40度以下くらい)

・生活習慣を見直す

生活リズムという言葉をよく聞くと思いますが、自律神経もすごく関係してきます。

今回は寝れない人向けに書いているので、睡眠の生活習慣を特に見直しましょう。

人間には、電気がない時代は、暗くなると寝て、夜明けとともに起きて、活動していました。

本能的に、夕陽を見ると、眠くなるわけです。

なので、自律神経の生活リズムもこのような働きが残っています。

夜更かしせずに、朝もなるべく早く起きるようにすることで、自律神経がうまく働く生活リズムを作りましょう。

・リラックスできる環境づくり

夜眠れない人は、交感神経が働いているわけですから、リラックスできていないわけです。

リラックスできないからこのサイトを見ているわけですから、

簡単なことは、リラックスできる環境を作ることです。

脳に影響が早い五感は、聴覚(耳)と嗅覚(におい)です。

五感(ごかん)とは、動物やヒトが外界を感知するための多種類の感覚機能のうち、古来からの分類による5種類、すなわち視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚をさす。

Wikipediaより引用

聴く(耳)というのは、音楽の事です。(音楽以外もありますが)

リラックスする音楽をきいたり、自分の好きな音楽を聞いたりするのはどうでしょうか?

においの場合は、アロマテラピーです。

アロマテラピー(仏: aromathérapie)またはアロマセラピー(英: aromatherapy)は、芳香療法、香料治療である。実際様々な方法が行われているが、一般的には、精油(エッセンシャルオイル)、または精油の芳香や植物に由来する芳香を用いて、病気や外傷の治療、病気の予防、心身の健康やリラクセーション、ストレスの解消などを目的とする療法である。

Wikipediaより引用

市販でも安く売られていると思いますので、いかがでしょうか?

それでも自律神経が乱れている人は?

薬ではなく、サプリメントなら、お気軽に使えますので、上の事をしながら、使うことをおすすめします。

相乗効果で、乱れが治りやすくなります。

気になる健康商品の情報を紹介していきます。
気になる健康商品の情報を紹介していきます。

 

 

 

 

-更年期障害でイライラ
-, , ,

Copyright© 商品どんなのあるの? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.