気になる健康商品の情報を紹介していきます。

商品どんなのあるの?

【知ると便利】自律神経失調症の気軽な治し方

更新日:

自律神経は脳の一部で、とても人間には重要な部分です。

それは、栄養不足からくる場合もあります。

それには当たり前ですが、食べ物で改善することが大切です。

 

何度も同じことを書いているかもしれませんが、大切な事なので書いてみます。

 

[fukidashi-red]人間はたんぱく質からできている[/fukidashi-red]

人間の大半は水分でできているというのは、よく聞きますよね?

これは確かで、大切なことです。

 

でもその次に多い成分をご存知ですか?

それが、たんぱく質です。

 

アミノ酸って聞いたことありませんか?

 

身体の20%はアミノ酸

アミノ酸が体にとって重要な理由はいったいなんでしょう?

それは、私たちの体の血管や内臓、皮膚、筋肉などのもとになるタンパク質を構成しているのがアミノ酸だからです。

食べたものを消化したり、呼吸したりできるのも、アミノ酸のおかげ。人間の生命活動を支えるためにとても大切なはたらきを担っています。

基礎からわかるアミノ酸:アミノ酸とは |協和発酵バイオの健康成分研究所より引用

 

アミノ酸がたんぱく質那わけで、脳の伝達物質もアミノ酸です。

伝達物質とは、脳が指令を出すと、細胞から細胞に指令が移っていくための物質の事です。

これが使われるのがアミノ酸なわけです。

 

これが不足すると、伝わるのがうまく行われないわけですから、思ったことができないので、変になっていきます。

 

これが原因で自律神経失調症が起こっていくわけです。

 

[fukidashi-red]現代の食生活がたんぱく質を不足させている[/fukidashi-red]

今の時代、おいしい食べ物が溢れかえっています。

でも、なぜそんなおいしい食べ物が多いのに、自律神経が病気になってしまうのでしょうか?

 

それは、栄養の偏りが影響しています。

もっと簡単に言えば、糖質を取っている人が多いからです。

これは厚生労働省のホームページが出ている数値の表をグラフ化した物です。

炭水化物(糖質)は数値が多すぎて、右側が数値となります。

 

数倍の多さですよね?

何事もバランスが大切なのに、そんなに開きがあるわけです。

 

元々、ご飯が主食な日本人なわけですから、開きがあるのは当たり前ですが、たんぱく質の動きを見ると、少なくなっているのがわかります。

 

これは、必要なたんぱく質が、元々少なめだったのに、減っているわけですから、体調がおかしくなるのもわかりますよね?

 

[fukidashi-red]一番手っ取り早いのが、糖質制限[/fukidashi-red]

今流行っている糖質制限ですが、今のおいしい食べ物というのは、甘いものが主流ですよね?

 

甘いものは、糖質ですが、摂りすぎると、「糖化」という事が起こります。

今、老化を促進する要因として注目されている「糖化」。

活性酸素による酸化が「体のサビ」と言われるのに対して、

糖化は「体のコゲ」とも呼ばれています。

糖化は、食事などから摂った余分な糖質が

体内のたんぱく質などと結びついて、細胞などを劣化させる現象。

老化の原因「糖化」を防止しよう | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケアより引用

 

ただでさえ、たんぱく質が減っている人が多いのに、糖質の影響でもっと効果が減らされているわけです。

 

糖質を減らせて、糖質を摂らないと、案外食べれる物はたんぱく質と脂質を摂ることになります。

ご飯を摂らないだけで、勝手にたんぱく質を摂れてしまうわけです。

 

糖化は、無駄な脂肪が増えてしまうので、制限するだけで、ダイエットにも繋がるのでおすすめです。

 

自律神経失調症の方は特に、糖質制限をすることで、たんぱく質が増え、自然と健康になれますよ。

 

[fukidashi-red]有名Youtuber瀬戸弘司さんもおすすめしています。(ダイエットですが)[/fukidashi-red]

-食べ物
-, , , ,

Copyright© 商品どんなのあるの? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.